3分だけお時間をください。あなたにはどんな悩みがありますか?

突然ですが、あなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

貯蓄をしなきゃと思うけど、ただ時間ばかりが過ぎていく、日本の金利のつかない預金に不満、外貨預金は金利がつくけど、外貨はリスクだと感じる

こんにちは。
海外口座開設アドバイザーの河合圭と申します。

私の元に、毎月日本全国の多くの海外口座開設希望者の方から相談が来ます。

日本の銀行に関する相談で最も多いのが上記に書いた3つのご相談なのです。

パッと見た感じ、お金に関しての不満となんとかしたいという気持ちが伝わってきますよね。
この質問への回答はこちらをクリックしてください。

さらに、昨今の日本を取り巻く情勢(債務超過、国家破綻、外貨持ち出し規制)などから、このような相談がとても増えています。

  • 預金封鎖、デノミなどの対策を今からしておきたい
  • 海外の口座に興味があるけど、どうしたらいいかわからない
  • 海外にお金を持っていきたいけど、隠して持っていきたい
  • 海外送金したいけど、三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行で海外送金をさせてくれない

いずれも海外と絡む相談です。それもこれも日本が遅かれ早かれ破綻が起こると皆が考え、それに伴い国にとって都合の良い規制が増えてきているのを直で見ているからこそ出てくる悩みですよね。

しかし、悩みを解決することは、それほど難しいことではない

私のクライアントのほとんどはただ預金をしてきただけの方ばかりです。
投資のことも生命保険のことも海外のことも大して知りません。
海外に出たことすらほとんどない方が多いです。

海外に行ける方、海外にはなかなか行けない方、英語が苦手な方、海外というだけで漠然とした不安がある方、いろいろな方がいます。
けれど、その方の考えにあった答えが必ずあります。
上記の悩みは解決できるのです。

まずは無料のリアルタイム診断を受けてみてください

上記に書いた悩みをリアルタイムで解決する診断ツールを
作成いたしました。使い方は、お悩みの項目にチェックをいただき、
あとは送信ボタンを押すだけ。

すると、あなたのメールアドレスに
診断結果がすぐに送られてくる仕組みになっています。
(自由記入欄に質問をご記入された場合は、
ご返信に時間をいただいております。)

プロフィール

河合圭のプロフィール

独自の手法で証券会社ではできない投資コンサルティングを実現
河合圭のプロフィール

【経歴】
青山学院大学
国際政治経済学部卒
中国留学

【趣味】
ダイビング
クルージング
事業投資

■ 野村證券から独立
大学を卒業後、中国に1年半留学。
帰国後、野村證券に就職し、4年半営業マンとして個人投資家に対し、株、債券、投資信託、変額年金保険の販売をする。
野村證券退職後、東京の某オフショア投資系プライベートバンクにて、富裕層の方に対して1年間オフショア投資のコンサルティングをする。
2009年8月独立開業。K2 Investment株式会社を立ち上げ、ネット、セミナー、個別相談により日本全国の個人投資家に、中長期的資産運用とオフショア投資を助言。
2012年10月、今まで個別に相談の多かった海外進出に関するコンサル業務を、正式に海外進出支援ビジネスとして開始。

■アドバイス実績
通算2000人以上に資産運用アドバイス
総額40億円の金融資産管理
【対象】個人投資家、事業法人、事業オーナー、医療法人、開業医、勤務医、宗教法人
【内容】資産運用、相続事業承継、節税対策アドバイス
【商品】株、債券、投資信託、変額年金保険、仕組債、航空機リース、事業保険、オフショアファンド、オフショア保険、オフショア法人、海外口座、プライベートバンク、海外事業進出

■現在の活動
『資産運用相談ホームページ』を作り、個人投資家が気軽に資産運用について相談できる場としている。
セミナー、DVD、書籍、ブログ、メルマガにより、もっと多くの日本の個人投資家に、オフショア投資という新しい投資手法を知ってもらうため活動中。

■ 証券会社を辞めたことが顧客満足の秘訣?
上記のプロフィールにあるように、投資助言業とオフショア投資の存在を知って、私は野村證券を辞めました。そもそも証券会社、銀行では、顧客サイドに立ったアドバイスができないのと、海外の金融商品は扱えないからです。
野村證券を辞めたことによって、クライアントと友好な関係が築けるようになり、オフショアファンド会社とも契約ができたことで、より良い、コストの低いファンドを、クライアントに提供できるようになりました。
また投資助言業というライセンスを取得したことで、販売会社(証券会社)のような限られた金融商品ではなく、世界中のファンド、海外口座もアドバイスできるようになりました。これで「良いもの」は「良いもの」、「悪いもの」は「悪いもの」とハッキリ言えるようになったのです。

ですから、私の投資アドバイスは非常識かもしれません。しかし、クライアントの最終的な目標達成、投資リターンを出すことに全力でフォーカスしています。


眞原郁哉のプロフィール

クライアントに合った投資先を選び、長期保有してもらえるようなアドバイスをしていきます。
眞原郁哉

【経歴】
同志社大学商学部卒業
野村證券を経て現職

【趣味】
ダンス
ネットサーフィン
珈琲

【自己紹介】
野村證券でキャリアをスタートし、個人投資家へ株、債券、投資信託などを販売してきたのですが、いつも社内で出てくる会話が顧客の目的達成(投資収益、資産を守ることなど)ではなく、会社がどうやって収益を達成するか?だったことに疑問を感じていました。

そんなある日、出逢ったのが弊社(K2 Investment)のWebサイトと代表河合のブログ&Twitter。販売(セールス)をする証券会社とは違い、「投資アドバイザー」という立場で中立的なアドバイスをできることに魅力とやりがいを感じました。

同時にオフショアファンドという存在を知って、日本の狭く限られた投資環境を実感しました。世界中の投資先から個々のクライアントに合った投資先を選び、良い商品を長期保有してもらえるようなアドバイスをしていきたいと思います。

【経歴】
■同志社大学でマクロ金融を専攻
他大学との討論や研究発表会などを行い、日々あらゆる現実の経済事象に対して疑問を持ちながら、経済理論を元に回帰分析を行い実証検証を行う。また講義ではゼミ幹事としてゼミを牽引する役割を担う。在学中にファイナンシャルプランナー(AFP)資格を取得。

■京都賞(稲盛財団)のボランティアでリーダーを務める
国内外の政界、経済界、学界など多岐に渡る著名人が集う日本版ノーベル賞と称される国際賞である「京都賞」の第25回学生ボランティアの総リーダーを務める(ボランティア学生総数120名)。

■野村證券でキャリアスタート
大学を卒業後、野村證券に入社して2年間、個人投資家や企業オーナーに対してと株、投資信託、債券、変額年金保険などの販売に従事。日々、飛び込み訪問営業や電話営業により数字(ノルマ)を達成することを追求する中で、「本当の資産運用とは何か?」という強い疑問を抱いていた折に、偶然にも弊社代表河合と出逢う。

■K2 Investmentでコンサルタントに
証券会社での販売サイドの経験を背景に、K2 Investmentでは投資アドバイザーとして顧客サイドに立ち、顧客の人生目標達成、長期的な投資収益を出す事に全力で注力しています。


佐藤憲司のプロフィール

「国内から海外へ」「正しい投資リテラシーの浸透」を少しでも多くの人に広く伝えたい
佐藤憲司

【経歴】
新潟大学大学院卒業後、金融システム、Web関連開発に携わる

【趣味】
ドラム
料理
焼き鳥屋

【自己紹介】
私のキャリアスタートは金融関連のシステム開発だったこともあり、金融というと国からの規制も多く、大規模な会社でないと運営していけない業種だと考えていました。

そんな折、弊社代表の河合と出会い、Webを活用することによって100%PULL型(投資家が自分から主体的に相談をすること)で来た投資相談に対してアドバイスする、という現在の弊社(K2 Investment)のビジネスモデルを聞き、今まで私が行なってきた新しいWebサービスの立ち上げや、Webマーケティングの知識を生かして、新しい金融サービスに携われると考えました。

担当する顧客サポート業務については、今まで経験したことがなかったため、弊社に入ってからAFP取得やゴールド会員サービスの教材を通して金融、経済について勉強してきました。そんな私だからこそ、クライアントへの説明ではなるべくわかりやすく、噛み砕いた説明をするよう心がけています。

また河合が集めてくる海外の金融事情、ファンドなどの情報を知ると、いかに日本がその分野で立ち遅れているかを痛感します。弊社クレドにもある「国内から海外へ」「正しい投資リテラシーの浸透」を少しでも多くの人に広く伝えていけるよう、新しいWeb技術を取り込み、弊社サイト、システムのさらなるブラッシュアップを図って行きたいと思います。

【経歴】
■原子物理学で大学院(修士課程)修了
大学&大学院で原子物理学を専攻。放射線の研究を行うが、放射線を測定するシステム自体に興味を持ち、プログラミングをはじめる。

■金融システム&Webマーケティングのエキスパートへ
大学院卒業後、金融システム関連(ネット証券、会計システム、保険等)にSEとしてキャリアをスタート。転職後、ベンチャー企業にてWebシステム(SNS、CMS等)の開発、Webマーケティング等を実践し、ゼロから新しいサービスを築く楽しみを覚える。

■K2 Investmentでシステム管理、Webマーケティング、顧客サポート担当に
金融とインターネットを一体としたサービスを実践している弊社代表河合と出逢い、K2 Investmentのシステム管理、Webマーケティング、顧客サポート業務を担当。AFP取得。


池之端 奈美のプロフィール

池之端 奈美

【経歴】
■関西外国語大学短期大学部英米語学科卒業
野村證券を経て現職

【趣味】
フランス語通訳
パリコレ
二匹のチワワ

【自己紹介】
野村證券にて新卒から勤めてきて、仕事は大変でしたが、野村の文化や素晴らしい同僚との出会いもあり、長年勤めてきました。その野村で河合と出会い、一緒に外の世界を目指すようになりました。

K2 Invetment立ち上げの時は、まだ顧客もサービスも何もなく、あるのは希望と時間のみ。けれど人をサポートすることが好きな私は、会社や社員をサポートすることや顧客に満足してもらえるようなことを軸に、社内の管理体制など土台を作りました。

金融という世界でキャリアを積む一方で、海外への留学という長年心に抱いてきた夢があったのですが、2013年ついにフランスという地で実現しました。言語の取得はまだまだ必要ですし、生涯続けていくことだと思いますが、会社への復帰と共にパリにてK2 Investmentパリ事務所を設立しました。パリから生のヨーロッパ系オフショアファンドの情報、プライベートバンクの情報をお届けし、皆さんの投資の事務的サポートを行っていきます。

【経歴】
■関西外国語大学短期大学部英米語学科卒業

■野村證券にて15年勤務
野村證券にて、店頭業務、営業支援、Client Relation(医療、宗教、学校、事業、公益法人、地方自治体に対するRM、運用提言)、IRに15年従事。

■K2 Investmentを共同創立
2009年、河合と共にK2 Investmentを立ち上げる。

■フランス留学
2013年渡仏。CAVILAM(Vichy)Institute de Langue et de Culture Française(Paris)にてフランス語を就学。

■K2 Investmentパリ事務所設立
2014年、フランスParisにて弊社パリ事務所を立ち上げ、現在弊社アドミニストレーター&リサーチ業務担当。


無料直接相談受付中お申込みはこちら

お申込みはこちら

海外口座無料メルマガ

『海外口座開設』『海外口座の活用』の具体的な事例を紹介。

メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

メニュー